キッチン排水口のボコボコ音対策!原因・解決法・費用を徹底解説

キッチンから聞こえるボコボコ音、実は深刻な問題のサインかもしれません。ボコボコ音の原因は様々ですが、放置すれば悪臭や水漏れなど、さらに深刻な問題を引き起こす可能性があります。

しかし、ご安心ください。簡単な方法で、多くの場合は自分で解決することができるのです。

本記事では、キッチン排水口のボコボコ音の原因と、その対処法を詳しく解説します。また、日頃のメンテナンス方法や、専門業者に依頼する際の注意点なども合わせてお伝えします。快適なキッチンライフを取り戻すための情報が満載ですので、ぜひ最後までお読みください。

キッチン排水口のボコボコ音でお困り事があれば、まずはトイレ専門チームで専門的なガイダンスと解決策をご提供します。コスト見積もり後、予算に応じてアクションを選べます。疑問や懸念については、電話で初期相談も可能です。

洗面台のつまりを自力で解消!原因別対策と予防のコツ

キッチン排水口のボコボコ音はなぜ発生する?

キッチン排水口のボコボコ音はなぜ発生する?

キッチン排水口からボコボコ音が聞こえる原因は様々ですが、大きく分けると排水管の構造的な問題、つまり、排水管内の不適切な空気の溜まりが主な原因です。これらの原因を理解することで、適切な対策を講じることができるでしょう。

排水管の構造的問題

キッチン排水口からボコボコ音が聞こえる原因の一つに、排水管の構造的な問題があります。排水管内に空気が閉じ込められると、水が流れる際に空気が圧縮されて、ボコボコという音が発生するのです。

排水管は、キッチンのシンクから建物外部へと続く複雑なシステムです。以下のように適切に設計・施工されていないと、排水の流れが滞り、空気がトラップされやすくなります。

  • 排水管の経路に不要な曲がりや段差がある
  • 排水管が長すぎる
  • 途中で径が細くなっている
  • 古い住宅や集合住宅で排水管の設計が現代の基準に合っていない

このような構造的な問題を解決するには、排水管の改修が必要となるかもしれません。専門家に相談し、適切な設計と施工を行うことで、排水の流れを改善し、ボコボコ音を防ぐことができるでしょう。

大量の水を一気に流した

キッチン排水口のボコボコ音は、大量の水を一気に流したことが原因となることもあります。シンクに溜まった水を一度に排水口に流すと、排水管内の空気が急激に圧縮され、大きな音を発することがあるのです。

例えば、シンクに食器を重ねて洗った後、溜まった水を一気に流すようなケースが当てはまります。また、大きな鍋を洗った後、鍋に溜まった水を一度に排水口に流すようなこともあるでしょう。

大量の水を一気に流すことは、排水管に大きな負担をかけることにもなります。急激な水流により、排水管内の圧力が高まり、管の接合部分に無理な力がかかることがあるのです。長期的には、排水管の損傷や漏水の原因となる可能性もあります。

排水管のつまり

キッチン排水口のボコボコ音の原因として、もう一つ見逃せないのが排水管のつまりです。シンクで調理くずや油分が流れると、徐々に排水管内に蓄積していきます。これらの汚れが管壁に付着し、次第に排水管の内径を狭めていくのです。

排水管がつまると、水の流れが悪くなるだけでなく、空気の流れも妨げられます。水が流れる際に、つまりを乗り越えようとして空気が圧縮され、ボコボコという音を発するのです。

例えば、シンクで野菜の皮をむいたり、食器を洗ったりする際に、細かい残りかすが排水口から流れ込むことがあります。これらが排水管内で蓄積すると、少しずつつまりが発生します。また、排水管内で油が固まり、つまりの原因となることもあるのです。

シンクに流す前に、調理くずをしっかりと取り除くことが大切です。また、定期的に排水口のお手入れを行い、汚れの蓄積を防ぐことも効果的でしょう。

逆流防止弁の故障

キッチンの排水口からボコボコ音が聞こえる原因として、逆流防止弁の故障も考えられます。逆流防止弁は、排水管の途中に取り付けられており、排水管内の水や悪臭が逆流するのを防ぐための重要な部品です。

経年劣化や異物の混入などにより、弁が正しく開閉しなくなることがあります。そうなると、水が流れる際に、弁が振動してボコボコ音を発することもあるのです。

また、弁が閉じきらないと、排水管内の水や空気が逆流しやすくなります。下水道からの悪臭が上がってきたり、シンクに水が溜まったりするなど、不快な症状が現れることもあります。

逆流防止弁の故障は、専門家でないと判断が難しいことがあります。ボコボコ音だけでなく、排水の流れや臭いにも注意を払い、異変を感じたら早めに専門家に相談することをおすすめします。

高層ビルなどで水圧が不安定

キッチン排水口のボコボコ音は、水圧の変動によっても引き起こされます。特に、高層マンション(いわゆるタワマン)やビルなどでは、水圧が不安定になりやすく、排水口から気になる音が発生することがあります。高層建築では、上層階と下層階で水圧に大きな差が生じることがあります。

水圧が低すぎると、排水の流れが弱まり、排水管内に空気が溜まりやすくなります。一方、水圧が高すぎると、排水の流れが早くなり、管内の空気が圧縮されて、ボコボコ音が発生しやすくなるのです。

また、高層建築では、水の使用量が多い時間帯に、水圧が大きく変動することがあります。例えば、朝の出勤前や夕方の帰宅後は、多くの住戸で水が同時に使用されるため、水圧が不安定になりやすいのです。

集合住宅で他の部屋が水を流している

集合住宅では、複数の住戸が同じ排水管を共有していることがあります。つまり、自分の住戸だけでなく、隣り合う住戸や上下の階の住戸での水の使用が、自分の排水口に影響を与えているのです。

例えば、上階の住戸で大量の水を一気に流すと、その水が自分の住戸の排水管を通過する際に、大きな音を発生させることがあります。排水管内の空気が急激に圧縮され、ボコボコという音が聞こえるのです。

また、隣接する住戸で水を使用すると、排水管内の水の流れが変化し、自分の住戸の排水口から音が聞こえることもあります。特に、排水管の設計が適切でない場合や、古い建物で排水管の劣化が進んでいる場合は、他の住戸の影響を受けやすくなります。

温度変化による管の伸縮

キッチン排水口のボコボコ音は、温度変化による排水管の伸縮が原因となることもあります。排水管は、主に塩化ビニル製やステンレス製などの材質で作られていますが、これらの材質は温度変化の影響を受けやすいのです。

例えば、冬場に温かい排水が流れると、排水管が急激に膨張します。一方、夏場に冷たい水が流れると、排水管が収縮します。この伸縮の繰り返しにより、排水管の接合部分にわずかな隙間ができることがあります。

隙間ができると、排水の流れが乱れ、管内に空気が入り込みやすくなります。水が流れる際に、この空気が圧縮され、ボコボコという音を発生させるのです。特に、排水管の接合部分が多い場合や、経年劣化により接合部分が緩んでいる場合は、温度変化の影響を受けやすくなります。

大雨

キッチンの排水口からボコボコ音が聞こえる原因の一つに、意外にも大雨が関係していることがあります。大雨が降ると、地面に大量の雨水が流れ込みます。雨水は、道路や庭の排水溝から下水道へと流れていきますが、下水道の処理能力を超えるほどの水量がある場合、下水道管内の水位が上昇します。

下水道管内の水位が上昇すると、建物の排水管内の水も逆流しやすくなります。キッチンの排水口は、通常、排水トラップと呼ばれる部分で水を溜めることで、下水道からの逆流を防いでいます。しかし、大雨で下水道管内の水位が高くなりすぎると、排水トラップを乗り越えて水が逆流することがあるのです。逆流した水が排水管内で空気を押し上げ、ボコボコという音を発生させることがあります。

激しい大雨が予測された際は、排水口の様子を注意深く観察し、異常を感じたら速やかに対処することも大切です。

排水トラップと排水管の接続不良

キッチンの排水口からボコボコ音が聞こえる原因として、排水トラップと排水管の接続不良が考えられます。排水トラップは、排水管内に水を溜めることで、悪臭や虫の侵入を防ぐ重要な役割を果たしています。しかし、このトラップと排水管の接続部分に問題があると、排水の流れが乱れ、ボコボコ音が発生することがあるのです。

排水トラップと排水管は、通常、ナット等で固定されています。しかし、経年劣化によりナットが緩んだり、パッキンが劣化したりすると、接続部分に隙間ができ、水漏れが発生することがあります。

水漏れが起こると、排水の一部がトラップを迂回して流れるようになります。本来、トラップを通過する際に空気と水が適切に混合されるはずが、迂回経路ができることで、空気と水のバランスが乱れ、ボコボコ音が発生するのです。

排水トラップと排水管の接続不良は、早期発見・早期対処が重要です。日頃から排水口周辺の点検を行い、水漏れやボコボコ音など、異変を感じたら速やかに対処しましょう。接続部分のナットを締め直したり、パッキンを交換したりするだけで、問題が解決することもあります。

排水経路のダブルトラップ

キッチンの排水口からボコボコ音が聞こえる原因の一つに、排水経路のダブルトラップがあります。ダブルトラップとは、排水管の経路上に2つ以上のトラップ(水封)が存在することを指します。

トラップは、排水管内に水を溜めることで、悪臭や虫の侵入を防ぐ重要な役割を果たしています。本来、トラップは1つあれば十分なのですが、誤った施工により複数のトラップが設置されてしまうことがあるのです。トラップが複数あると、排水の流れが阻害され、空気の流れも乱れます。その結果、排水口からボコボコ音が発生することがあります。

排水管の改修は専門的な知識と技術が必要となるため、専門家に依頼することをおすすめします。

キッチン排水口のボコボコ音の解消方法

キッチン排水口のボコボコ音の解消方法

キッチン排水口から聞こえるボコボコ音は、日常生活の中で気になる問題ですが、いくつかの方法で解消することができます。状況に合わせて適切な方法を選択し、試してみることが大切です。

熱湯

キッチンの排水口からボコボコ音が聞こえる場合、まず試してみたいのが熱湯を流す方法です。熱湯は、排水管内の汚れや詰まりを溶かし、スムーズな排水を促進する効果があります。

  1. 大きめの鍋にお湯を沸かし、排水口に直接流し込みます
    熱湯の温度は、80℃以上が理想的です。
  2. しばらく放置します
    熱湯が排水管内を通過する際に、汚れや油分を溶かし、詰まりを解消してくれるでしょう。

ただし、排水管の材質によっては、熱湯による急激な温度変化で破損する可能性もあります。古い建物や劣化が進んだ排水管の場合は、熱湯の使用は控え、他の方法を試すことをおすすめします。

定期的に熱湯を流すことで、排水管内の汚れの蓄積を防ぎ、ボコボコ音の発生を抑えることができます。

重曹と酢

キッチンの排水口のボコボコ音を解消する方法として、重曹と酢を使った以下の方法が注目されています。重曹と酢は、家庭に常備されている身近な材料ですが、その組み合わせが排水管の詰まりや汚れに効果的なのです。

  1. 排水口に重曹を大さじ4〜5杯ほど入れます
  2. 酢を同量程度流し込みます
    重曹と酢が反応すると、泡が発生します。この泡が排水管内の汚れを浮かせ、詰まりを解消する働きがあるのです。
  3. 30分から1時間ほど放置します
  4. 熱湯を流して排水管内を洗い流します

重曹と酢の組み合わせは、環境にも優しい方法です。化学薬品を使用せずに、自然の力で排水管をクリーニングできるのは大きなメリットです。定期的に重曹と酢を使ったメンテナンスを行うことで、ボコボコ音の発生を予防することもできます。

ただし、重曹と酢の使用は、あくまでも軽度の詰まりや汚れに対して効果的です。重度の詰まりや複雑な排水管の問題には、専門家の助けが必要になることもあります。

プランジャー

キッチンの排水口のボコボコ音を解消するための強い味方として、プランジャー(スッポン、ラバーカップともいう)が挙げられます。プランジャーは、排水管内の詰まりを物理的に押し出す道具で、手軽に使用できるのが特徴です。

プランジャーを使用する際は以下手順に従ってください。

  1. 排水口に十分な量の水を流しておきます
    水が無いと、プランジャーが排水管内の空気を押し出すだけで、詰まりを解消する力が弱くなってしまうためです。
  2. プランジャーのゴム部分を排水口に密着させ上下に勢いよく動かします
    プランジャーと排水口の密着性を保ちながらリズミカルに動かします。
  3. 熱湯を流して排水管内を洗い流します

プランジャーは、比較的簡単に使用できる道具ですが、コツがあります。排水口とプランジャーの密着性が不十分だと、十分な効果が得られません。また、排水管の構造によっては、プランジャーでは解消できない詰まりもあります。

プランジャーを使ってもボコボコ音が解消されない場合は、他の方法を試すか、専門家に相談することをおすすめします。

家庭用洗剤の利用

キッチンの排水口から発生するボコボコ音は、家庭用洗剤を使って解消することもできます。多くの家庭で常備されている洗剤が、排水管の詰まりや汚れに効果を発揮するのです。

排水口に洗剤を適量(通常は洗剤のキャップ1杯程度)流し込み、しばらく放置します。洗剤の成分が排水管内の汚れを分解し、詰まりを解消する働きがあります。

放置時間は、洗剤の種類や汚れの程度によって異なりますが、通常は30分から1時間ほどです。時間が経ったら、熱湯を流して排水管内を洗い流します。

家庭用洗剤は、手軽に入手でき、使い方も簡単です。定期的に洗剤を使ったメンテナンスを行うことで、排水管内の汚れの蓄積を防ぎ、ボコボコ音の発生を抑えることができます。

排水管専用パイプクリーナー

キッチンの排水口のボコボコ音を解消する方法として、排水管専用のパイプクリーナーを使用するのも効果的です。パイプクリーナーは、排水管内の汚れや詰まりを強力に除去するための化学薬品です。

パイプクリーナーは、通常、ゲルや液体の形状をしており、排水口に直接流し込んで使用します。パイプクリーナーの強力な洗浄成分が、排水管内の汚れや油分を分解し、詰まりを解消してくれます。

使用方法は製品によって異なりますが、一般的には、排水口にパイプクリーナーを適量流し込み、一定時間放置します。放置時間は、汚れの程度や製品の指示に従いますが、通常は30分から数時間です。その後、大量の水で排水管内を洗い流します。

パイプクリーナーは、頑固な詰まりや汚れに対して高い効果を発揮します。重曹や酢、家庭用洗剤では解消できなかった問題も、パイプクリーナーならクリアできる可能性があります。

パイプクリーナーを使用する際は、必ず製品の説明書をよく読み、適切な方法で使用することが大切です。

ワイヤーブラシ

キッチンの排水口のボコボコ音を解消する方法として、ワイヤーブラシを使った物理的な詰まり除去があります。ワイヤーブラシは、排水口の目皿の下にある排水管の曲がり部分(Pトラップ)に溜まった汚れや詰まりを、直接かき出すための道具です。

ワイヤーブラシは、長い柄の先端に金属製のブラシがついた形状をしています。排水口の目皿を外し、ワイヤーブラシを排水管内に差し込みます。ブラシを回転させながら前後に動かすことで、排水管内の汚れや詰まりを物理的に除去していきます。

ワイヤーブラシは、比較的簡単に使用できる道具ですが、排水管を傷つけないように注意が必要です。ステンレス製の排水管には適していますが、プラスチック製の排水管の場合は、ブラシの使用によって傷がつく可能性があります。

また、複雑な排水管の構造や、奥深くにある詰まりは、ワイヤーブラシでは対処できない場合があります。そのような場合は、専門家に相談するのが賢明です。

ハンガー

キッチンの排水口のボコボコ音を解消する意外な方法として、ハンガーを使った詰まり除去があります。ワイヤーハンガーなどの細長い金属製のハンガーを以下手順で加工することで、排水管内の詰まりに直接アプローチできるのです。

  1. ハンガーを適当な長さに切断し、先端を少し曲げて鉤状にします
  2. 排水口の目皿を外し、加工したハンガーを排水管内に差し込みます
  3. ハンガーの先端を詰まりに引っかけ、ゆっくりと引き上げます

うまくいけば、詰まりの原因となっていた異物が、ハンガーと一緒に排水管から取り出せるでしょう。

ハンガーを使った方法は、手軽で低コストな詰まり除去の方法です。しかし、排水管内の状況が見えないため、慎重に作業を行う必要があります。無理に詰まりを取ろうとすると、排水管を傷つけたり、詰まりを奥に押し込んでしまったりする可能性があります。

また、ハンガーで取り除ける詰まりは、比較的排水口に近い部分のものに限られます。奥深くにある詰まりや、複雑な排水管の構造が原因のボコボコ音は、ハンガーでは対処が難しいでしょう。

専門業者にキッチン排水口トラブル解決を依頼する場合の費用

専門業者にキッチン排水口トラブル解決を依頼する場合の費用

キッチン排水口のボコボコ音が解消できない場合や、深刻な詰まりが発生した場合は、専門業者に依頼するのが賢明な選択肢です。一般的に、キッチン排水口の修理や清掃を業者に依頼する場合、基本料金と作業料金の2つの費用が発生します。

基本料金は、業者が現場に向かうための出張費や診断費用を含みます。作業料金は、実際の修理や清掃にかかる費用です。

基本料金は、業者や地域によって異なりますが、通常3,000円〜10,000円程度が相場です。

作業料金は、トラブルの内容によって大きく変わります。単純な詰まりの除去であれば、1時間程度の作業で7,000円〜15,000円程度が目安です。

しかし、排水管の破損や交換が必要な場合は、材料費と合わせて数万円の費用がかかることもあります。

また、緊急を要する場合や深夜・早朝の作業では、割増料金が発生する場合があります。事前に業者の料金体系を確認しておくことが大切です。

業者選びのポイントと注意点

キッチン排水口のトラブルを解決するために業者に依頼する際は、適切な業者選びが重要です。優良な業者を選ぶことで、効果的な修理や清掃を受けられるだけでなく、不必要な費用を避けることができます。

専門性と経験

まず、業者選びの際は、専門性と経験を重視しましょう。排水管の修理や清掃に特化した業者や、長年の経験を持つ業者は、的確な診断と適切な処置を行ってくれる可能性が高いです。

料金体系

また、業者の料金体系を事前に確認することが大切です。見積もりを複数の業者から取り、料金の内訳を比較検討しましょう。極端に低価格を提示する業者には注意が必要です。

評判や口コミ

業者の評判や口コミを確認するのも良い方法です。インターネットの評価サイトや、近隣住民や管理会社からの推奨を参考にすることで、信頼できる業者を見つけることができるでしょう。

強引な勧誘に注意

高圧的な営業や強引な勧誘を行う業者には注意が必要です。適切な業者は、客観的な診断に基づいて、必要な修理や清掃を提案してくれるはずです。

無駄な工事提案に注意

過剰な修理や交換を提案する業者にも注意しましょう。排水管の一部に問題があるだけなのに、全体の交換を勧めるなどは不適切です。必要以上の工事は、費用の無駄になってしまいます。

まとめ

キッチンの排水口から聞こえるボコボコ音は、一見すると簡単に解決できそうな問題ですが、実は奥が深いのです。応急処置で一時的に音が止まっても、根本的な原因が解決されていない可能性があります。素人では判断が難しい原因が隠れていることも少なくありません。

放置すれば、悪臭や水漏れ、さらには排水管の破裂など、深刻な問題を引き起こしかねません。日頃からの清掃とメンテナンスは大切ですが、それでもボコボコ音が解消されない場合は、速やかに専門業者に相談することをおすすめします。

専門業者は、豊富な経験と知識に基づいて的確な診断を行い、根本的な解決策を提案してくれます。適切なタイミングで専門家を頼ることが、キッチンの排水口トラブルを解決し、快適で衛生的なキッチンを維持するための鍵となるのです。

もしあなたが今、キッチンの排水口のボコボコ音に悩まされているなら、一人で抱え込まずに、信頼できる専門業者に相談してみませんか。台所専門チームが専門業者として的確な解決策を提供します。コスト見積もり確認後、ご予算内での最適な対応をお選びいただけます。事前に初回の電話で相談も可能ですので、まずはご連絡をお願い申し上げます。

よくある質問

キッチンの排水口からボコボコ音がする原因は?
主な原因は、排水管の詰まりや汚れの蓄積です。その他にも、排水管の破損、配管の構造的な問題、水圧の変動などが原因となる場合があります。日常的な清掃とメンテナンスを怠ると、これらの原因が重なって、ボコボコ音が発生しやすくなります。
キッチンの排水口のボコボコ音を自分で直すにはどうしたらいいですか?
重曹と酢、ラバーカップ、市販のパイプクリーナーなどを使って、排水管の詰まりを解消することができます。しかし、これらの方法で解決しない場合や、根本的な原因が不明な場合は、無理に自分で直そうとせず、専門業者に相談することをおすすめします。
キッチンの排水口のボコボコ音解消を業者に依頼する際の費用の目安は?
キッチン排水口の修理や清掃の費用は、トラブルの内容や業者によって異なります。基本料金は3,000円〜10,000円程度、作業料金は単純な詰まり除去で7,000円〜15,000円程度が相場です。ただし、排水管の交換が必要な場合は、数万円〜数十万円かかることもあります。見積もりを複数取って比較検討し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
台所専門チームは一般家庭だけでなく企業、オフィス、ビル、病院、医療施設、介護施設、福祉施設、飲食店、工場、賃貸、分譲マンションなども対応しておりますのでキッチンに関するお困り事は何でもご相談下さい! 出張、見積もり無料で即日修理、日時指定どちらにも対応させて頂いてますのでお客さまのご希望をお伝え下さい!
  • 年中無休
  • 24時間対応
  • 見積もり無料
0078-6019-4006

IP電話/ひかり電話ではご利用頂けません

24時間365日対応致します。 まずはお気軽にお電話ください。