キッチンの排水溝つまりを自力で解決!原因・対処法・プロ依頼タイミングまで徹底解説

キッチンの排水溝つまりを自力で解決!原因から対処法、プロへの依頼タイミングまで徹底解説

キッチンの排水溝から不快な臭いがする、水が溜まってなかなか流れない…そんな経験はありませんか?日常生活でよく遭遇する「排水溝のつまり」は、放置するとキッチンの使用に大きな支障をきたします。しかし、その原因は一つではなく、適切な対処法も状況によって異なります。

この記事では、キッチンの排水溝がつまる主な原因と、それを自力で解消する方法、さらにはプロに依頼が必要になるタイミングまで具体的な解決策を紹介します。日々のちょっとした心がけで、キッチンを清潔に保ち、快適なキッチンを取り戻しましょう。

厳密にいえば、キッチンでのつまりはほとんどの場合、厳密には「排水溝」でのつまりではなく「排水口」=排水が流れ出る穴の部分でつまりが発生している状況かと思います。排水溝は排水口からつながる管の先で屋外にある排水用の溝のことを指します。簡単に言えば「ドブ」ですね。

ただ、大きくとらえて排水溝も排水システムの一部ですので、この記事では排水口を含めた排水システムでのつまりを「排水溝」でのつまりと呼ぶ形にしています。

キッチンの排水溝つまりの代表的な症状は?

キッチンの排水溝がつまった時の症状は?

キッチンの排水溝がつまった場合、早急に対処することが重要です。ここでは、排水溝がつまった時に現れる主な症状と、どのようにして起こるのかについて詳しく解説します。

排水溝から水が抜けるのが遅い

排水溝から水が抜けるのが遅いという症状は、キッチンの排水溝が部分的につまっていることを示しています。通常、水は排水溝を通ってスムーズに流れ落ちますが、油脂や食材の残骸、洗剤の泡などが排水管内の壁に付着し、時間とともに蓄積することで水の流れを妨げます。特に、油脂は冷えると固まりやすく、排水管内で固形化することで水の流れを遅くします。

水が逆流する

水が逆流する現象は、排水溝や排水管が完全につまっている状態を示しています。この状態では、キッチンで使用した水が正常に排水されず、シンク内に溜まったり、最悪の場合はシンクから溢れ出ることもあります。

水が逆流する主な原因は、排水管内に大きな障害物が存在し、水の通路が完全に塞がれてしまうことです。例えば、大きな食材のカスや固形物が排水管内でつまりを引き起こし、水を逆方向に押し戻すことがあります。

悪臭がする

排水溝からの悪臭は、排水管内に蓄積した食材の残骸や油脂が腐敗し始めているサインです。このような有機物が長期間排水管内に留まると、バクテリアの繁殖により悪臭の原因となるガスが発生します。特に、湿度が高いキッチンでは、このような状況が発生しやすく、定期的な清掃を怠ると悪臭が発生しやすくなります。

キッチン排水溝のヘドロの悩み解決!自宅で簡単にできる溶かし方と予防策

キッチンの排水溝がつまる原因

キッチンの排水溝がつまる原因

キッチンの排水溝がつまる原因は様々ですが、その中でも特に一般的なものを解説します。原因を理解することで、排水溝のつまりを防ぐための適切な対策を講じることができます。

油汚れと食材の残り

キッチンで最も一般的な排水溝のつまりの原因は、油汚れと食材の残りです。調理過程で使用される油は、排水溝に流れ込むと冷えて固まり、排水管の内壁に付着します。

この油脂が食材の残骸にくっつき、時間と共に堆積していきます。そうなることで水の流れを妨げ、最終的には排水溝のつまりを引き起こします。特に、野菜の皮や小骨、米粒などの小さな食材の残骸が油脂と結合して排水管内で大きな塊を形成しやすいです。

キッチンの排水口の臭いを根本から解決!原因と対処法、予防策を徹底解説

固形物の誤流入

キッチンでの作業中に、意図せず固形物が排水溝に流入することもあります。例えば、調理中に使用する小さな具材や調理器具、スポンジの破片などが排水溝に落ちてしまうことがあります。

これらの固形物は、排水管内で水の流れを阻害し、排水溝のつまりの直接的な原因となります。固形物によるつまりは、水の流れを完全に止めてしまうこともあり、特に注意が必要です。

排水管の老朽化

排水管の老朽化も、排水溝のつまりの一因となります。特に古い建物では、排水管が錆びたり、内壁が劣化して細かな亀裂が生じたりすることがあります。

これらの老朽化した排水管は、油脂や食材の残骸が付着しやすく、また、管内での水の流れを妨げやすい状態になっています。さらに、排水管内部の狭窄や変形によっても、排水溝のつまりが発生しやすくなります。

自力でできるキッチンの排水溝のつまり解消法

自力でできるキッチンの排水溝のつまり解消法

キッチンの排水溝のつまりは、適切な知識と方法を用いれば自力で解決することが可能です。ここでは、自力でできるキッチンの排水溝のつまり解消法を詳しく解説します。

熱湯を使った方法

熱湯を使った解消法は、特に油脂が原因で起きた排水溝のつまりに有効です。油脂は温度が上がると液体になりやすく、排水管内に蓄積した油脂を溶かして流しやすくします。

しかし、この方法を使用する際には、排水管の材質に注意が必要です。プラスチック製の排水管に熱湯を直接かけると、管が変形したり損傷したりする恐れがあります。そのため、熱湯を使用する際は、まず少量を排水溝に注いで反応を見てから、徐々に量を増やしていくことをお勧めします。

パイプクリーナーの使用

パイプクリーナーは、化学反応を利用して排水管内のつまりを分解する強力な方法です。市販されているパイプクリーナーには様々な種類がありますが、使用する際は製品の指示に従い、適切な量を使用してください。

パイプクリーナーを使用する際の注意点は、化学物質が皮膚や呼吸器に害を及ぼす可能性があることです。使用時は必ずゴム手袋を着用し、換気を良くするなどの安全対策を行ってください。

重曹と酢を使う方法

重曹と酢を使った方法は、環境に優しく、排水管にも安全な自然派のクリーニング方法です。重曹を排水溝に振りかけた後、上から酢を注ぐと、化学反応で発生する泡が排水管内の汚れを分解し、つまりを解消します。

この方法の利点は、排水管を傷めることなく、安全につまりを解消できる点にあります。ただし、重曹と酢の反応は穏やかなため、重度のつまりには時間がかかったり効果がなかったりする場合があります。

スッポンの活用

スッポン(ラバーカップ、プランジャーとも呼ばれる)を使用する方法は、物理的な力を利用して排水管内のつまりを解消します。スッポンを排水溝に密着させ、激しく押し引きすることで、排水管内のつまりを押し出します。

この方法は、特に固形物が原因で起こるつまりに効果的です。使用する際はスッポンがしっかりと排水溝に密着していることを確認してください。不完全な密着は効果を低下させる原因となります。

ワイヤーブラシでの清掃

ワイヤーブラシを使用する方法は、排水管の内壁に強くこびりついた汚れを物理的に取り除くのに効果的な方法です。ワイヤーブラシを排水管内に挿入し、回転させながらゆっくり引き抜くことで、管内の汚れをかき出します。

この方法は、特に排水管の内壁に油脂や食材の残骸が硬化している場合に効果的です。ただし、使用する際は排水管を傷つけないよう注意が必要です。

排水口のつまりを解消する際の注意点

排水口のつまりを解消する際の注意点

排水口のつまりを解消する際には、適切な方法を選ぶことが重要です。しかし、それだけではなく、使用する道具の選び方、安全対策、そして作業後の確認にも注意を払う必要があります。これらの注意点の詳細を解説します。

使用する道具の選び方

排水口のつまりを解消するためには、状況に応じて適切な道具を選ぶことが重要です。例えば、油脂や食材の残骸が原因であれば、熱湯や重曹と酢の化学反応を利用した方法が効果的です。一方で、固形物が原因の場合は、スッポンやワイヤーブラシが適しています。

また、パイプクリーナーを使用する場合は、排水管の材質を確認し、プラスチック製の管には使用しないように注意が必要です。適切な道具を選ぶことで、排水口のつまりを効率的、かつ安全に解消することができます。

安全対策

排水口のつまりを解消する際には、化学薬品を使用することがあります。パイプクリーナーなどの強力な薬品を使用する場合は、必ず換気を良くし、ゴム手袋や保護メガネを着用するなど、適切な安全対策を講じてください。

また、熱湯を使用する場合は、やけどに注意し、適切な容器を使用して安全に作業を行うことが重要です。安全対策を怠ると、健康被害や二次的な事故につながる可能性があるため、十分に注意してください。

作業後の確認事項

排水口のつまりを解消した後は、作業が適切に行われたかを確認することが重要です。まず、水の流れが改善されたかを確認し、排水口からの悪臭がなくなったかをチェックしてください。

また、使用した道具や薬品が排水管に残っていないかも確認し、必要に応じて水で洗い流すなどの後処理を行ってください。作業後の確認を怠ると、未解決の問題が残ったままになる可能性があるため、慎重に行うことが重要です。

キッチンの排水溝つまりを防ぐ方法

キッチンの排水溝つまりを防ぐ方法

キッチンの排水溝つまりは、適切な予防措置を講じることで問題を大幅に減少させることが可能です。キッチンの排水溝つまりを防ぐための具体的な方法を説明します。

定期的な清掃

キッチンの排水溝と排水管の定期的な清掃は、つまりを防ぐ基本的な方法です。週に一度は、排水溝のゴミ受けを取り外して、食材の残骸や油脂などの汚れをきれいに除去します。

さらに、排水溝内部と排水管の入口部分に蓄積した汚れも、ブラシやスポンジを使って丁寧に掃除します。重曹と酢を使って洗浄すると、排水管を傷めることなく、効果的に汚れを除去できます。

キッチンの排水溝掃除ガイド!日常の掃除からぬめり・つまり・悪臭の解消まで

油分の適切な処理

油分は流水に乗せて排水溝に流すのではなく、できるだけ拭き取ってから廃棄するようにしましょう。使用済みの油は、ペットボトルなどに入れて適切に処理することが望ましいです。

油分を多く含む料理をした後は、熱湯を排水溝に流して油脂を洗い流すことも効果的です。しかし、排水管の材質によっては熱湯が適さない場合もあるため注意が必要です。油脂用の分解剤を定期的に使用することも、油脂によるつまりを防ぐのに効果的です。

ゴミ受けの活用

排水溝に食材のカスや小さな固形物が流れ込むのを防ぐために、ゴミ受けを設置しましょう。ゴミ受けは、細かな食材のカスや油脂の塊をキャッチし、排水管への流入を防ぎます。

使用後はゴミ受けを定期的に掃除し、汚れが蓄積するのを防ぐことが大切です。ゴミ受けのメッシュが細かいものを選ぶと、より小さな残骸もキャッチできます。

排水溝フィルターの交換

市販されている排水溝フィルターを利用すると、さらに細かな汚れや油脂を受けられます。これらのフィルターは定期的に交換する必要があり、交換のタイミングは、フィルターの汚れ具合によって異なりますが、一般的には数週間に一度が目安です。

フィルターの種類によっては、洗浄して再利用できるものもあります。しかし、洗浄が難しい場合や、フィルターが破損している場合は新しいものに交換しましょう。

排水管の点検

定期的な排水管の点検で、予期せぬつまりを防ぐことができます。特に古い建物では、排水管の老朽化や破損が原因でつまりが発生することがあります。

不安な場合は、プロの業者に点検を依頼し、必要に応じて清掃や修理を行うことをお勧めします。定期的なプロによる清掃は、排水管を良い状態に保ち、長期的につまりを防ぐためにも有効です。

排水溝のつまり修理をプロに依頼するタイミングや方法

排水溝のつまり修理をプロに依頼するタイミングや方法

キッチンの排水溝のつまりは、自力で解消できない場合もあります。そのような状況では、プロの修理業者に依頼することが最善の選択となります。ここでは、排水溝のつまり修理をプロに依頼するタイミングや方法について詳しく解説します。

依頼のタイミング

排水溝のつまり修理をプロに依頼するタイミングは以下の症状が出た時です。

  • 自力での解消が困難な場合:自宅で一般的な解消法(熱湯の使用、パイプクリーナーの使用、重曹と酢の使用など)を試しても改善しない場合は、プロに依頼するタイミングです。特に、水が全く流れない、悪臭がひどい、水漏れが発生しているなどの症状が見られる場合は、早急に専門家に診てもらうことが必要です。
  • 繰り返し発生するつまり:何度も同じ場所でつまりが発生する場合、根本的な原因がある可能性が高いです。このような状況では、専門的な診断と対策が必要となります。

修理業者の選び方

修理業者を選ぶ際には以下のポイントを考慮しましょう。

  • 信頼と実績:修理業者を選ぶ際は、その信頼性と実績を確認しましょう。インターネットの口コミや評判、友人や家族からのおすすめなどを参考にしてください。また、業者が提供するサービスの範囲や、過去の修理事例を確認することも有効です。
  • 見積もりとコスト:複数の業者から見積もりを取り、サービス内容とコストを比較検討します。最も安い業者に依頼するのも一つの方法ですが、コストだけでなく、サービスの質や保証内容も考慮することが重要です。不明瞭な追加料金がないか、事前にしっかりと確認しましょう。
  • 対応の速さ:排水溝のつまりは、日常生活に大きな影響を与えるため、迅速な対応が求められます。業者がどれだけ早く対応できるか、事前に確認しておくと良いでしょう。また、24時間対応や緊急時の迅速対応が可能かどうかも、選定の重要なポイントとなります。

まとめ

キッチンの排水溝がつまる主な原因から、自力で解消するための具体的な方法、さらにプロに依頼するタイミングや業者の選び方まで幅広く解説しました。定期的な清掃や油分の適切な処理、ゴミ受けの活用など、予防策を実践することで、多くのつまり問題を未然に防ぐことが可能です。

自力での解決が難しい場合は、迅速に信頼できるプロに依頼しましょう。日々のちょっとした心がけと適切な対応が、快適なキッチンライフを支える鍵となります。

よくある質問

キッチンの排水溝のつまりを防ぐための日常の習慣にはどのようなものがありますか?
油分はできるだけ排水溝に流さず、使用後の油は適切に処理してください。食材のカスはゴミ受けを使用して捕捉し、排水溝に流れ込まないようにしましょう。そして、定期的に排水溝を清掃し、重曹と酢を使った洗浄をお勧めです。
排水溝がつまったとき、自力で解消できない場合のサインは何ですか?
水が全く流れなくなった、または非常に遅くなった場合や悪臭がひどく、清掃しても改善されない場合、水漏れや逆流が発生している場合は、プロの修理業者に依頼することをお勧めします。
プロに排水溝の修理を依頼する際、どのような点を確認すべきですか?
修理業者の信頼性と実績を確認し、口コミや評判をチェックしてください。そして、見積もりを複数の業者から取り、サービス内容とコストを比較検討します。さらに、緊急時の対応能力や、修理後の保証サービスの有無についても確認してください。
台所専門チームは一般家庭だけでなく企業、オフィス、ビル、病院、医療施設、介護施設、福祉施設、飲食店、工場、賃貸、分譲マンションなども対応しておりますのでキッチンに関するお困り事は何でもご相談下さい! 出張、見積もり無料で即日修理、日時指定どちらにも対応させて頂いてますのでお客さまのご希望をお伝え下さい!
  • 年中無休
  • 24時間対応
  • 見積もり無料
0078-6019-4006

IP電話/ひかり電話ではご利用頂けません

24時間365日対応致します。 まずはお気軽にお電話ください。